工事をしよう|定期的に見直したいドアホンやインターホンの取り付け

スタッフ

ドアホンの取り替えの仕方

担当者

インターホンで訪問してきた人物を確認するのは、防犯の観点からある程度有効だそうです。インターホンにテレビ機能がついているだけで、そこにいる人間を室内から見ることができるからです。最近は、インターホンの種類が便利になってきて、多彩な機能がついたドアホンが発売されています。スマホの普及により、ドアホンでの来客対応をスマホできるようなサービスもあります。外出していてもドアホンの画像をスマホに転送して確認できるので、とても便利なサービスだと好評のようです。新しくインターホンやドアホンを取り付ける時、自分で取替えできる場合と、配線工事が必要な場合があります。インターホンやドアホンには電池式と電源式がありますが、最近のインターホンやドアホンは電源が必要なものがほとんどです。つまり、コンセントがドアホンやインターホンの近くにある場合は、取り付けたい商品を電気店などで購入して、工事をしなくても簡単に取り付けることができます。
ンターホンの近くにコンセントがなく、壁の中から電源をとっている場合や、ガス感知機などと連動している場合は、工事が必要となります。工事はインターホンの販売店や電気店でお願いでき、工事は数時間で完了します。マンションや集合住宅など、特殊な工事が必要な場合は、専門の業者に依頼します。商品のメーカーのお客様相談窓口などに問い合わせ、取替え工事をしてもらうといいでしょう。自分の住宅は取り付けの際に工事が必要なのか、必要でないのか確認しましょう。